Events イベント

2017.9.12. ルール大学ボーフムにおけるコロキアム

  • 日 時
  • 9月12日(水)17:00-
  • 場 所
  • ルール大学ボーフム ドイツ研究所 部屋番号:GB 04/86
    http://www.ruhr-uni-bochum.de/deutschlandforschung/ , MAP
  • 主 催
  • NHCM
  • 共 催
  • ルール大学ボーフム社会運動研究所およびドイツ研究所
  • 報告者
  • 長沢優子(東京大学教養学部/総合文化研究科教務補佐)
  • 報告タイトル
  • 「1918年から1933年のドイツとオーストリアの合邦運動における文化事業:大ドイツ的国民意識形成の努力」(„Die Kulturpolitik der Anschlussbewegung in Deutschland und Österreich 1918-1933: Das Ringen um das großdeutsche Nationalbewusstsein“)」

2017.9.19. ワルシャワ大学社会学研究院社会記憶研究室セミナー
“Japanese Perspectives on Memory in Central and Eastern Europe

  • 日 時
  • 9月19日(水)15:00-
  • 場 所
  • ワルシャワ大学社会学研究院、104号室
    【会場変更】ポーランド科学アカデミー, Pałac Staszica, Nowy Świat 72, 200号室
    http://www.is.uw.edu.pl/pl/the-social-memory-laboratory/
  • 主 催
  • NHCM
    ワルシャワ大学社会学研究院社会記憶研究室
  • 報告者1
  • 重松尚(東京大学大学院), “Evaluations Unsettled: Historical Views of the Genocide Center and the International Commission in Lithuania”
  • 報告者2
  • 福元健之(関西学院大学), “Reading the Texts of Tadeusz Isakowicz-Zaleski”

2017.11.5. NHCMセミナー
「歴史の再構成と歴史認識の変遷―イランソヴィエト社会主義共和国(「ギーラーン共和国」)の事例から」

  • 日 時
  • 11月5日(日) 14:00〜17:00
  • 場 所
  • 東北大学 川内南キャンパス 文科系総合講義棟1階 ミーティングルーム1(室番号105)
    広域マップ / 川内南キャンパスマップ
  • 主 催
  • JSPS先導的人文学社会科学研究推進事業(グローバル展開展開プログラム)
    「グローバル社会におけるデモクラシーと国民史・集合的記憶の機能に関する学際的研究」プロジェクト
  • 話題提供
  • 黒田卓(東北大学)
  • コメント
  • 塩野崎信也(龍谷大学)
  • 参考文献
  • 「イランソヴィエト社会主義共和国(「ギーラーン共和国」)におけるコムニスト政変―その歴史の再構成と歴史認識の変遷―」(岡洋樹編『歴史の再定義』東北大学東北アジア研究センター、2011
       http://ci.nii.ac.jp/els/contents110006992546.pdf?id=ART0008904549
         「ヘイダル・ハーンの事績再考」(『上智アジア学』第25号、2007年)